悪夢を祓う〜除邪夢護符

人の敵意にさらされた日

うまくかわしたつもりでも

その悪意はあなたの意識の端をつかんでついてきます。

 

その結果、感受性の強い人は「夢」に出てきてしまうのです。

 

いい夢であればそれは良いのですが

絶望

怒り

嫉妬

こういった負のエネルギーがきた場合は要注意

 

悲しみにうちひしかれて目を覚ます

絶望感とともに一日が始まる

 

それは

心からのSOSです。

 

すぐに心の大掃除にとりかからなければなりません。

 

鑑定させていただき、

物事の筋道を拝見し、

白魔術で浄化することもできるのですが、

 

なんとなくスッキリしなかったり

眠るのが怖いという時は

護符の力を借りちゃいましょう♡

 

今回ご紹介するのは

除邪夢護符

という護符。

 

悪夢を払い、安眠をさずける効果がある護符です。

(なんだかスピリチュアルなブログっぽくなってきましたよー!(*´꒳`*)♡)

 

最近悪夢をよく見るわぁ……

安心して眠られへんわぁ……

寝るのちょっと怖い………

 

という方は、

ぜひスマホの中にご紹介する画像を取り入れて

ちょっとしたお守りにしてみてくださいね♡

 

念をいっぱい込めて書いたものですので

きっとあなたを守ってくれるはず。

 

嫉妬

悪意

敵意

 

こういう行為は全て自分に返ってきてしまうといわれています。

 

これは「カルマの法則」といって

自分が出した悪のエネルギーが

自分に返ってきてしまい、

それに明らされてまた一段ネガティブへ落ちるという

自然の流れ。

 

万物は流動する、という言葉ではないですが

お相手があなたを不快にしようと傾けた悪意は

あなたがお相手にやり返すことをせずとも

自然とお相手に返っていくものです。

だからやり返す必要はありません。

 

「あ、なんかこの人から

ピリピリしたエネルギー感じるかも」

 

と思ったら、

懐に手鏡を忍ばせてみるのが効果的♡

 

鏡はエネルギーを反射する作用があり

霊的な儀式にもつかわれている小物です。

 

相手がこちらに嫉妬や敵意を向ければ向けるほど

その想いは鏡に反射され、相手に返っていきますよ。

 

妊娠中の方がお葬式へ参列せざるを得ない時も

鏡をお腹に忍ばせて穢れを跳ね返すという風習が

現在にも受け継がれているほど。

鏡は”邪”を跳ね返すものと言われてるのです。

 

古くから取り入れられてきた手法は

霊験あらたかなお守りになってくれますよね。

 

私もいろいろなものを受け取りやすい性質なので

常に清められた魔術用の手鏡をお守りにしています。

 

お電話で「浄化」するときは

この手鏡ともう一つの浄化アイテムを使ってさせていただいているんですよ( ´ ▽ ` )♪

 

あるべきものはあるべき場所へ

まるで輪を描くように戻っていくのが

世界の摂理。

 

わざわざ穢れに触れずとも、

スルリとかわして笑っていた方が

あなたはずっと幸せになれるはずだと思いませんか?

 

私もまだまだ勉強中ですが><

知っている限りでは、こうらしいですよ、というお話でした♡

 

あなたの心に平安が訪れ

ぐっすり眠ることができますように。

あなたが今日も、楽しく笑顔で過ごせていますように♡

心から強く、強く強く強く願いながら( ´ ▽ ` )

護符ってちょっと怖い感じなので

少しでもホッとしてもらえるよう加工してみました♡

 

心春

ご相談はコチラからどうぞ♡

悪夢を祓う〜除邪夢護符” への2件のコメント

コメントは受け付けていません。