「エレベーターに乗った時に急落下!どうすれば生存できるか……!」驚きの方法をシェア!

親愛なるみなさま♡心春です♡ はい!聞いてください!大変です!

大阪に住んでいる私は、地味に南海地震に怯えているのですけれども、

先日、ちょっとした興味から

「エレベーターに乗っている時に地震が来た時に生存する方法」

を調べ、驚愕の事実がわかったのでシェアさせていただきます!

 

地震が来た時。時間帯にもよりますけれども、

「オフィスのエレベーターに乗っていた!」というシーンも

あるっちゃありますよね……。

 

行き先階を押し、「ふー」とひといき。

ぼんやりと外の景色を眺めていたとき(スケルトン設定)

急にスマホが「地震!」と騒ぎ出した!

 

という時……

絶望感で頭が真っ白になるのは容易に想像がつきますよね……><

 

「落ちるやーん!!」

 

最近のエレベーターは、セーフティシステム(?)がしっかりしていて

ちょっとやそっとの揺れでは意地でも落下しない高い志なのだそうですが、それは瑣末ごと。

ドラマ性を持たせるため、「明日はあなたの結婚式!」という設定を付け加えてみましょう。

 

絶対生還しないといけないやつ!!

 

さて。

ここであなたはどうしますか?

落下するエレベーターから生還する方法を考察してみましょう!

 

回答者の80%が思い浮かべるであろう方法1位☆ジャンプする【結論:やっちゃダメ】

 地上に降り立つタイミングでジャンプする、ジャンプ生存法!

小学生の頃にこの結論で賑わった経験を持つ方も多いのではないでしょうか?

 

「エレベーターが地上にぶつかるかもだよー!」

ってタイミングを見計らって

エイやっ!とジャンプをするジャンプ生存法です。

 

衝突時に浮かび上がることにより、地面に追突する時に身体に与えられる衝撃が軽減される。

すなわち、衝撃時にあなたは空中に浮かんでいる理論となり結果的に無傷=生存……。

 

※どうやってタイミングを見計らうのか

(エレベーターの外側からタイミングをはかる係が必要。透視能力でも代用可)

という部分については全力で目を背ける設定です。

 

・・・しかしながら。

これはNGだそうです。

理由としては、落下しているエレベーター内では”身体がある程度の速度で運動”しているため、

ジャンプしようにも圧力の抵抗によって身体が重くなり、

ジャンプ自体が不可能だそう……。(上から押さえ込まれているような体感があるようです)

 

さらに、落下中のエレベーターの中は無重力になっているため、この要素もジャンプの成功率を阻みます。

ふむふむ。ジャンプすることが難しければそもそもジャンプできないよねっ

そんな矛盾が発生するわけですね。

ハードルがとても高い><!

 

ジャンプして生き残ることもできるっちゃできる!でも修行とかが必要!

結論から言うと、あなたの身体に「ある基本設定」があればジャンプ生存法は成り立つのだそう。

ジャンプ生存法を成功させるためには、地面に落ちた時の圧力↓と、ジャンプで浮き上がる力↑が同じである必要があるのですね。

 

衝撃:0

 

という形です。

 

エレベーターが自由落下している速度↓が時速90キロであれば、

ジャンプして浮き上がる力↑もまた時速90キロでなければ

中の人の衝撃が0にはならないという理論が確立されるのです……!

図解すると……

 

↓(90キロ)

衝撃:0

↑(90キロ)

 

が必要なのですね。

つまり、あなたには

 

・時速90キロで飛べる脚力

・時速90キロで飛び着地した時に折れない骨と筋力

 

が必須!

 

この能力がある時点で

日常生活においてエレベーターを使う意味がちょっと行方不明。

「あなたはそもそもエレベーターに乗らない=地震のときもエレベーターにはいない」となり

大きな矛盾が発生しますね。

(社会人として生活している以上、同行している人とのおつきあいでエレベーターに乗ることもあるかもしれませんが……)

 

ただ、そんな身体能力を得るためにはきっと、

精神と時の部屋とかにいかなければ無理なので

もう……もう一般人には難しい。

 

なので、もし普通の人間である私達が

エレベーター落下時にジャンプする、

ジャンプ生存法を試したとしても

 

↓(時速90キロ)

衝撃:90

↑(ちょっと浮き上がる)

 

となるので、

落下の衝撃を減らすことはできない

という結論になってしまうのです……。

 

本当に助かるために……!生存率100%の方法は水!

助かるための唯一の方法。

それは水。水だそうです!

 

妊娠中のお母さんのお腹をイメージしてください(*´︶`*)❀

お腹の赤ちゃんは羊水に守られて

外界からの衝撃を受けないようになっています。

無重力状態になるのですね。

 

衝撃は空気があるから伝わるわけですので

エレベーター内を満たすたっぷりの水によって空気をなくしてしまい、

無重力状態になれば無敵なのです!

 

もちろん、真空状態ではないため

じゃっかんの衝撃は伝わりますが、、、

水の膜によってかなり衝撃が吸収されるので

中のあなたはちょっとだけ床にぶつかって「イテテテ……」

くらいで済むのだとか。

いい感じですね♪

 

結論!

エレベーターに乗った時に地震が来た!

自由落下するエレベーターの中、なんとか無傷で明日の結婚式に出席したい!

という時は……

 

「エレベーターいっぱいの水のバリアを張って、墜落の衝撃を緩和する」

ことが生存の道。

 

どうやって?

 

心春(・ω・`)💦

 

https://bit.ly/2NzWptd

↑鑑定はコチラからどうぞ♡↑

↑ご予約もお気軽に♡↑