”同性愛”はただの名称でありただの箱。「正しい≠愛する気持ち」は大前提なので問題はない

親愛なるみなさま❤︎こんにちは♡電話占いメルの電話占い師心珀(こはく)です(*´︶`*)❀

暑いですね!そろそろ新年号にも慣れてこられたかもしれませんね。私も5月に入って5回、書類に「令和元年」という文字を記入しました。(文字を書くのが下手なので自信はありませんが、ことさら”元年”のところは懇切丁寧に書いたつもりです。比較的綺麗な仕上がりになりました。)

思い返せばうららかな5月。そう。令和になったあの日……。

翌日から街の至る所に(スーパーとか)「令和」と書かれた張り紙が出されていて、「令和だ!令和なう……!」とまるで初めて海外旅行に行った20代OLみたいな気分になっていた毎日でしたが、さすがに6月に入ってくると新鮮味も失せてきて「はいはい令和令和」と令和に対する驚きと感動が薄れ、若干のキャピ感にお腹いっぱいとなり、「もういいって…‥」となってきていました。

※でも「令和ロール」を買うポテンシャルはまだ残っていた。

そして今、満を持して7月。

「令和」がなんか、しっくりきた感じがありますよね!

 

…………。

さて、早速ですが最近は「同性愛」についてのご相談が多く私の元へと寄せられます。

ランキング形式にするとこんな感じ。。。

1位:彼女or彼との関係性の将来が不安

2位:彼女or彼の気持ちがわからない

3位:彼女or彼が本気で愛してくれているのかわからない

4位:結婚ができるのかわからない

5位:彼女or彼が試しに試して来て私の心がズタズタになった結果、命の灯火が揺れる‥

6位:彼女or彼が浮気をしている(疑惑)

7位:彼女or彼の気持ちがわからないけど自分の気持ちももはやわからない

8位:別れるよ!と言われて別れないよ!って言ったけどこれって別れるの?

9位:ゴールがない

10位:親

 

最後の方はザッ!としましたが

だいたいこのようなご相談が多いです。

これって「世間一般の常識」が進むことに歯止めをかけているために生まれる葛藤なのですね。

 

古来より

「恋愛は男女で通いあうべき感情である」という決め事があり

それが常識となっていました。

ですので「男性×男性」「女性×女性」の組み合わせは

「常識に反する」ということで認められないものになっているのですね。

 

しかしながら、この常識とは何でしょうか?

それは「世界の繁栄と発展のため」に用いられた常識であり

大前提に「子供をなして種を保存する」という理論があるように感じられます。

 

自然界でも同性愛があるように

やはり「人を愛する気持ち」というのに性別は関係ないのだと私は感じています。

 

過去、私が「芸術的なセンスや創造性に長けている人達のグループ」に所属していた時、

”「愛」は「美」に似ている”という話で盛り上がったことがありました。

愛というのは美と同じく感性的(感覚的)なものであり、

形がなく、自分の心に正直にすべてのものに注がれるものといいますか

もっと自由であるもの。という印象で、

カゴに入れてしまうとさえずることをやめてしまう鳥のようなものだ、という意図でした。

 

たしかに、枠組みに入れてしまったら自分の恋愛をジャッジしなければならず、

キラキラして素敵だと思っていたのに、常識という枠に入れてみると

なんとなく、ちっぽけに視えてしまうかもなぁ、と思ったことを覚えています。

「彼からの連絡頻度」「彼の言葉」「彼の態度」

ネットや書籍、友達の恋愛話から「こうあるべき」と作った枠に入れてしまうことで

自由に行動ができなくなってしまうかもしれませんね。

「幸せになりたい」と思えば思うほど、枠組みに入れて「幸せだ。大丈夫」と安心したいという気持ちが働くのが

人の心なのかもしれません。

 

その視点に立ってみると

「幸せの形」には大きな枠組みがあることに気づきます。

 

・安定した暮らしで社会貢献をする

・仕事で成功して地位と名誉を得る

・最良のパートナーと共に、家族という個体を作り子孫繁栄を目指す

 

など、世の中で示されている「幸せの形」は意外と定型的なものですよね。

私たちは「幸せになるべき」という概念を持っているけれど

その「幸せ」は世間体という枠に沿って生きることと定義されているように見えます。

 

つまり、世間一般の「幸せな恋愛」という枠に入れてしまうと、同性が好きということだけで外れてしまうこととなり、

「どれだけのお金があったとしても、この人と過ごす1日を超える満足感を手に入れることはできない」

という自分の考えに、恐怖と恐れと懲罰的な感情を抱いてしまうのかもしれませんね。

 

「〜であるべき」

「〜だからこう」

「〜だと自分が損をする」

 

は、すべて「こうであれば幸せ」「こうでなければ不幸」という

あなたの中の常識との対立から生まれるもの。

 

心の底からガツガツと生まれる感情が強ければ強いほど、

種の保存からの逸脱

世間一般の常識との相違

が浮き彫りになり

”禁じられているという認識”が強まった結果

愛することが怖くなってしまうのが同性愛の恋愛なのですね。

 

その結果

「相手が私を好きなら好き」

「相手は本当に私のこと好きなのだろうか」

「この恋愛に将来はあるの?」

 

足りないもの探しのネガティブワード拾いを始めてしまうのです。

 

確かに子供を作ることは難しいかもしれませんが

男女の恋愛関係でも子供を作ることが難しいケースは珍しくありません

 

周りに祝福されずに進んでしまう可能性もあるかもしれませんが

駆け落ち同然に愛を貫く男女も世の中には多くいますね。

 

「あなたが相手とどうなりたいか」

 

それが一番大切で

「私はあなたを受け入れている。愛している」

という気持ちを伝え合わないと途端にすれ違ってしまうのも

男女の恋愛と同じ。

 

私たちの肉体は”魂の器”。

性別や常識は人間が人間社会で生き抜くためにつくられた枠組みなので

あなたの「愛」がどこに向かうかは自分で決めて良いのです。

 

あなたの心を阻んでいる不安の岩は何でしょうか?

自分の弱さ?

相手を信じる要素が弱い?

「世間のいう通りにしないと不幸になるわよ」と叩き込んできた両親の幻影でしょうか?

 

相手の気持ちはもちろんだけど

自分の気持ちがわからない。

そんな時は、あなたの本当の声を

私に聞かせてくださいね♡

 

潜在意識さんが何を言っているのか

そして同性愛のゴールの形はどういったものなのか。

 

あなたの心の傷を癒しながら

ゆっくり紐解いていきましょう╰(*´︶`*)╯

 

最良の友として、

身近なパートナーとして

私の力を使ってくださいね♪

 

https://bit.ly/2NzWptd

 

お待ちしております♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

大阪は今日、雨です。

そちらのお天気はいかがですか?

お仕事の方はお足元お気をつけくださいね^^

今日も素敵な1日になりますように❤︎

心珀(*´︶`*)/”