母と娘の関係

春の七草のひとつ 母子草
春からいまごろまで野や庭先に見かける花ですね。

その名の由来は母と子の形の人形からとか?

昔はヨモギではなくハハコグサがお餅に
いれられていたらしいです。

その花の名前から思い浮かべるのは母と娘の関係。

女性がなんとなく生きにくい、恋がうまくいかない、
結婚生活も、これといった理由がよくわからないまま
なんとなくうまくいかない・・・というような場合、
母親との関係に複雑に絡み合った感情があることがあります。

母と娘の関係は、娘の方に心の葛藤が強く出ることがあり、
母親はそれでも、自分の娘に良かれと思って言ったりしたり
していることがあります。

「毒親」とか、最近ではそんなふうに言われることもありますが、
好んで毒親になる人はいません。

母もまた、その母の娘であり、その母娘の関係に
葛藤があったのかもしれません。

もしも、あなたが悩まれていることで、
お母様との心の葛藤を抱えておられるなら
ご自分のなかに深くしみとおっているお母様の言葉を、
頭の中から体の外に、箒で吐き出すような感じで、
掃き出してしまってください。

親子でも感じ方や考え方には違いがあり、
生き方の価値観も違っていることが多いのです。

あなた自身がほんとうはどう感じていたか、
どんな思いを抱いていたか、振り返ってみてください。

娘が自分の人生を生きるためには、
母の思いを断ち切ることが必要な場があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です