怒りの背後には傷ついた心がある。

誰でも怒りにかられたことがあると思います。

腹が立つ、むしゃくしゃする、むかつくい・・・。

怒りは感情というよりもむしろ、生理的なもの。

いったん腹が立つとなかなか収まらないことがあります。

そして、何にその怒りをぶつけたらいいのか、

ほんらいその怒りを向ける先ではない人や物に

怒りの矛先をむけてしまうこともありますね。

何かに怒りをぶつければ、それで少しはすっとするかもしれません。

でも、それで問題が解決するわけでなく、

自分の怒りによって、ますます怒りが増幅することもあります。

怒りは人を遠ざけ、人を恐れさせ、悲しませます。

怒りは真実をみえなくしてしまうものです。

どうしようもない怒りにかられたときは

深く呼吸し、自分自身を落ち着かせてみてください。

じつは、怒りの背後にあるのは、ほんとうは

もっと、繊細な感情であるのかもしれません。

わかってもらえないことへのいらだち、

自分自身の気持ちが踏みにじられたように感じるくやしさ、

やり場のない辛さ、焦燥感、孤独感・・・。

怒りの背後には「傷心(傷ついた心)」があると言われています。

その心をいやすには時間がかかることもありますが

もし、あなたが怒りを感じた時は

自分自身へのいつくしみをもって

怒りの背後に隠れている感情を、やさしく扱ってあげてみてください。

 

写真はカモミール。5月の庭に咲いていたものです。

癒し効果のあるハーブです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です