ローズマリー 愛と貞節の象徴 若返りの効果と魔よけにも

庭にローズマリーの花が咲いています。

ローズマリーは中海沿岸が原産地のハーブで、

その名のRosmarinus は「海のしずく」という意味だそうです。

離れてみると目立たない花ですが、近くで見ると

こんなに美しい色をしていました。

 

ギリシャ神話の愛の女神と関連の深い花で、愛の象徴としてとらえられています。

Rosemary という表記から、聖母マリアのバラとも呼ばれるようになりました。

ローズマリーは、愛と貞節の象徴で、浄化にも使えます。

14世紀には、ハンガリーの高齢の王妃エリザベートの患いを癒し、

おまけに若返らせたという話が伝わっています。

王妃は70歳を過ぎても、若い王子から求婚されるほどだったといいます。

愛と貞節、若返り、そして、浄化の意味があるローズマリー。

アロマやコスメ、庭のお花や鉢植えとして、身近に置いておきたいですね。

ローズマリーには、魔よけの効果もありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です