古代の知恵に想いを馳せて

連休明け、寒い日がありました。
体調崩されれた方いらっしゃいませんでしたか?
冷えたときは温めるのがいちばんですね。

テレサが長年愛用しているのはクナイプのバスソルト、
とくにオレンジリンデンバウムの香りに温められ
癒やされます。

クナイプはドイツの御坊さんで
自然治癒の方法を考案した方なのですね。
バスソルトはそのお坊さんの名前にちなんでいるそうです。

ところで、連休明けの数日間、
某所にひきこもり、ひたすら本を読んでいました。

神秘的なものとつながる人類の知恵がどこからきたか
紀元前3000年以上遡る古代バビロニアから、
エジプト文明、ユダヤ教、原始キリスト教、イスラム教、
インドのヒンズー教、東洋の陰陽思想・・・。

気の遠くなるような長い歴史の中で
さまざまな文明が出会い、相互に影響しあって
人類の知恵が語り継がれてきました。

錬金術、数秘術、生命の樹、タロット、占星術、
天使、魔術や占い、そして科学も、こういった歴史の流れのなかで
興ってきました。

こういった古代から伝わる知恵に触発され、
スピリチュアルな学びも深まり、霊感やインスピレーションも
開発され鍛えられてゆきます。

平和の象徴 オリーブ
2年前お庭に植えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です